Prev  «  [ 2018/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

膿

Author:膿
現在プレイ中:
Grim Dawn

今後プレイ予定:
Conan Exiles
Age of Barbarian
Crowfall
Mount and Blade 2
Lisa

定点観測中:
Star Citizen
レゾナンスプロジェクト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

Path of Exile(46) Elemental Equilibrium Marauder 育成から挫折まで

 オープンβ開始と当時に作ったキャラはメインの雷ウィッチの他にもう一体Elemental Equilibriumを取得予定のMelee Marauderがいたんだけど、その片割れであるマラさんはフレンドのサポートのみに使って現在レベル52に。まあまあ熟年になってきたので完成に向けてビルドの内容を整理することにした。

 作成当初のプランは、

・Elemental Equilibrium(以下EE)を取り、Spell Totemに高Q(範囲1%増加/Q1)のIce NovaとAdded Lightning Damgeを繋いで火レジストを(-50%)+(-50%)低下させ、火ダメに特化したInfernal Blowで殴りまくる。Ice Novaにはダメージソースとしての役割は持たせず、あくまでEEのトリガーとしてのみ使用。
・Dominating Blowをサブで取り、火属性攻撃のモブをメインに手下をワラワラと引き連れてオヤジ自ら各所に殴りこみ。
・Eldritch Battery+Aura濁で本体と手下をサポート。
・攻撃きつすぎな集団に対してはAdded Fire Damageを付けたGround Slamで対処。

と言った感じ。パッシブ構成はこちら。
 EEはクローズドβ時点での表記上の性能が”炎・雷・氷3属性中の特定の属性で攻撃すると対象はそのエレメンタルに対する+25%の耐性を得る代わりに残りの2種類に対して-25%のペナルティを得る”というもので、これがオープンβではペナルティが-50%へとBuffされたという経緯を持っている。マラ君のビルドプラン作成後に強化される事を知り、2つの属性を持った攻撃でEEを発動させたら合計で-100%!!?? 凄い! という上昇するテンションとともに育成スタート。そして現在に至る。で、マラのプランを勃てた頃はWikiのEEの項目は何も情報が無かったんだけれど、いざEEを取るに当たって調べてみたら詳細な情報が出ていた。それによると、

・効果は5秒で上書きはされる。例えば氷属性で攻撃すると氷+25%他-50%になるが、その状態の敵にすぐさま火属性で攻撃すると炎+25%他-50%になる。
・2属性の混合スキル(もしくはAdded ** Damageを付けた単属性スキル)で攻撃すると、対象は当該2種類の属性に対してそれぞれ+25%の耐性を得、残った1つの属性に対して-50%の耐性ペナルティを得る。
・3つの属性が付いた攻撃では、対象は全ての属性に対して+25%の耐性を得、ペナルティは得ない。
・Totemの攻撃ではEEは発動する。Minionの攻撃では発動しない。

>・2属性の混合スキル(もしくはAdded ** Damageを付けた単属性スキル)で攻撃すると、対象は当該2種類の属性に対してそれぞれ+25%の耐性を得、残った1つの属性に対して-50%の耐性ペナルティを得る。

 だめじゃんこれ。-100%にならないじゃん。夢、終わっちゃったね。しかも上書きされちゃうなんて……。

p2screenshot-0018.jpg
 まあでも折角なんで具合だけでも見てみようということで、EEを取り、手持ちのQ無しIce NovaをSpell Totemに繋いで試用してみた。
 試用した感触としては、Ice Nova+Spell TotemにInfernal Blowというスキルの組み合わせが使いづらすぎて、すげー糞。攻撃するたびに効果が上書きされてしまうので、Ice Novaで折角下げたレジがInfernal Blowに即上書きされてまじうんこ。モブがNovaの範囲内でずっと棒立ちしててくれりゃいいんだけどそういうわけにも行かないし、Spell TotemなのでCastも遅いし、テンポの悪さが凄い。Cast Speedに関してはまあサポジェム等で稼げばいいんだけれども、それでもTotemの詠唱テンポに併せて殴らなければならないというのは結構なストレスになりそう。つうことでこれはダメと結論。
 次にIce NovaからTotemを外して本体がNovaをCastするようにしてみたが、これはTotemよりは行けそうな感じはした。Leapで突っ込んでからNova→Blow→Nova→Blow→Nova……と交互に撃っていくと良い感じにレジ下げを維持できる。しかし攻撃力が全くないIce Novaを殴るたびごとにCastするのは辛い。これをやるならIce Novaの威力もそこそこでいいから欲しい。あとResolute Techniqueを取るとクリティカルが出ない=Freezeしないので、この組み合わせでやっていくならRT捨ててクリちゃん大きめにパンプアップしていった方がいいんじゃないかと思う。魔法剣士っぽいプレイが出来そうなので、ウィッチか蛆虫色の糞禿爺辺りをベースにして両手剣で単Infernal BlowとMelee Splashを繋げたInfernal BlowをEE+Ice Novaと組み合わせてデカクリ運用してみるのはどうか。どうかって言われてもね。

p2screenshot-0020.jpg
 Ice Nova以外のスキルも幾つか試してみたところ、Frost Wall+Spell TotemとGround Slam+Added Fire Damageの組み合わせは悪くなさそうだった。Ground SlamはWallを貫通して攻撃することが出来るので、壁で遮断した敵を一方的に殴れる。但しGround Slamは元々が物理属性オンリーなので、あえてEEと組み合わせる意味は殆ど無いと思う。てか皆無。EE抜きでAoE範囲特化の氷壁スラマーならちょっと面白いことになりそうな気はした。誰もパーティ誘ってくれなくなるだろうけどね。

 つうことで試用を終えて、いやー意味ない実検しましたなあという感慨でいっぱいになったんだけども、それは忘れてWikiの情報を参照すると、結局のところEEを最も活かせるビルドは、2種類の属性攻撃を使用し、かつどちらもメインとするビルドってことになるかね。Wikiには例としてFireballとFreezing Pulseを交互にとか書いてあったけど、そんな感じで。一番重要なのは、EE取得後は使用する全てのスキルがメインのダメージソースである必要があるということ。あと上書きをどれだけ上手く重ねて行けるかどうかでダメージの総アウトプット量が決まるんで、Totemは攻撃には使わず本体が攻撃スキルを使用するスタイルを取る必要があるだろう。例外としては、火罠みたいな持続型の設置攻撃とSpork、Ice Spear+Totemとかならあまりテンポを気にせず使っていけるかもしれない。火罠3つぐらいスロットに置けるなら試してみる価値はありそう。あとはDual Spork Totem使いなんかがGroup専用のオプションとしてPierceと併せて取ってみるのもいいかもね。パーティメンバーが雷以外を選べば、乱舞するSparkで殆どのモブはEEの-50%デバフを受けた状態になっているだろうから、全体の火力がかなり上がりそう。Sporker本体はベアトラップやMinion使ってりゃいいし、これが多分いちばんEEを活かせるんじゃないかなと思われる。

marako01.jpg
 EEから見放された寂しいマラさんの今後なんだけれども、EEを使わなくなったと言え、Infernal BlowとDominating BlowメインでEB殴りキャラというのはちょっと作りがいがあるビルドなんで、振られた女の事は忘れてそのまま育てていくことにした。今後は独自性を出すためにFire Damage%を稼いでオーラをガン回し、Molten Shellに身を包んでInfernal Blow+Ground Slamで暑苦しく殴りまくり、範囲Dominateで乾分を引き連れ回すというストレートな兄貴ビルドにしていくつもり。パッシブは一応ベースがこんな感じで、あとは適当にヘルスとダメ底上げを取っていくだけ。Infernal Blowの破砕ダメージはwith Weaponと書いてあるものを除くFire(elemental) Damage系のパッシブが影響するらしいんで、これを40%/healthぐらいにまで上げられればかなり面白くなりそう。あとはGround SlamはSplash+Infernal Blowに取替えた方が特化度が上がっていいかなとも思うけど、これ無いと終盤死にまくりになりそうだからちょっと外すのは躊躇気味になるね。範囲攻撃として使うならDuelistの下にあるMeleeリーチ増加のノードも欲しいところだし。来月にMelee関係の凄いBuffが来るみたいだから、それ来てからまた考えるかな。

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://katoukitou.blog77.fc2.com/tb.php/140-a78411c4


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード