Prev  «  [ 2018/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

膿

Author:膿
寂しい思い出を綴るブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

Crowfall 追加のFAQ訳

 Crowfall公式サイトにおける何かのアナウンスメントのカウントダウンがあと2日に迫ってて、FAQも充実し始めてるんだけど、一気に増えてて面倒になったのでいちいち訳すのはやめ、読んだうちから適当に抜き出してまとめた上で意訳し、羅列してみることにする。文章には俺が自分なりに解釈した上での補足も盛り込んでしまっているので、英文読める人はそちらを参照した方が間違いがないです。カウントダウン終えて情報の奔出が加速してきたら間違いなく俺には処理しきれなくなるので、後は何となくつまみ食いする程度のスタンスで書いてけたらいいな。


 戦闘
・戦闘はノンターゲッティングで、回避動作なんかも操作で行う。ただ何もかもプレイヤースキル依存にするのではなく、伝統的なMMOとの折衷を目指すとのこと。
・ノンターゲッティングだけれども、攻撃やヒールの有効範囲は可視化される。
・タンク・DPS・ヒーリングのバランスは、色々考えているとのこと。戦闘時のヒールは弱めで、勝負がスピーディにつきやすいらしい。サポートクラスはバフ・デバフ能力を戦闘時のキーにして立ち回る。
・特化キャラは作れるようにするが、所謂「俺TUEEEE」キャラは絶対に作れないようにする。

 経済
・プレイヤー主導の経済。
・生産物資にはResourcesとMaterialsがあって、Resourcesはアイテムクラフトに使用、Materialsは建築の材料となる。またResorcesを加工することでMaterialsになる。
・Resorcesはモブから手に入れるか、もしくは採集で手に入る。MaterialsはPoint of Interest(SBで言うMineみたいなもん)から得ることができる。
・あらゆる装備は生産によって得ることが出来る。PvE-Raidが不在であることもあり、至高の装備品はプレイヤーの手によって作られるものとなる。

 Voxel Farm
・VoxelとはVolume+Pixelの造語で、3次元の格子単位。ピクセルの3次元版と言った方がうんこおっさん連中には分かりやすいか。Voxelをblockのように組み合わせてオブジェクトを作ることで、掘削や破壊、細かな増設、表面加工等の物理表現が可能になる。Minecraftのようなサンドボックス形式のクラフトゲームに採用されている。
・Crowfallの建築物は全てにおいてVoxel Farmが採用される。
こんな感じでぶっ壊す。
こんな感じで作る。
・自分の部屋に隠し通路を作ったり、敵の城に地下道掘って侵攻したりとか出来る。

 キャンペーンとキングダム
・MMO+ストラテジーゲームのコンビネーションというのがCrowfallのコンセプト。
・この「ストラテジーゲーム」ってのは、ストラテジーゲーム"的"にプレイするってことで、Crowfallがストラテジーゲームという言葉で直接的に思い浮かぶような、MicrosoftのAge of うんたら系とかBlizzardの何とかクラフト系とかのPCストラテジーゲームと同様のプレイフィーリングを持つというわけではない。Crowfallというゲーム自体はあくまでMMO。(この文は俺による補足)
・Crowfallにおいては、1ゲームがリセットを前提とした"キャンペーン"として進行し、チェッカー・チェス・モノポリー・リスクのようなストラテジーゲームと同様に、"勝利条件"が満たされてそのゲームの勝者が生まれると、当該のゲームはリセットされてプレイヤーはまた1からゲームを作っていくことになる。
・この機構によって時間経過により"侵攻不可能な無敵の帝国"が誕生してゲームの世界がゾンビ状態になることを防ぐ。
・とはいえ、単純に1ゲームごとのリセットが行われると、MMOの特長であり魅力でもある"永続性"の意味がなくなってしまい、MMOを冠する意味もなくなってしまう。そこで、Crowfallでは“Eternal Heroes, Dying Worlds.”というシステムを取ることにしている。これは文字通りで、キャンペーンがリセットされても成長したプレイヤーキャラクターはリセットされることが無く、次のキャンペーンに参加する際にはそのまま使用する事が出来る。
・キャンペーンの期間は各キャンペーンごとに決められる。3か月、6か月の場合もあれば1年続く場合もある。また、生成されたキャンペーンの世界はインスタンスではなく、サーバーが許容する限り後からの参加は自由。
・各キャンペーンにはそれぞれ異なった勝利条件が設定される。これは後述するフェーズ毎に変更される可能性を持たされている。
・1つのキャンペーンは、幾つかの"フェーズ"に分割される。フェーズは生成されたキャンペーン世界における季節のようなもので、プレイヤーはフェーズによって変わっていく環境に対応しながらゲームを進めていく。
・フェーズは以下のようにして進行する。
 Spring. 初期状態。モンスターは弱く、世界は霧に包まれ、廃墟が点在し、プレイヤーは装備の無い状態で放り出され、安住の地を求めて世界を探索していく。
 Summer. 飢えたモンスターが徘徊を始め、資源は枯渇し始める。棄てられた採掘場などを見つけたら、それを確保し、他のチームの手に堕ちる事を防ぐために戦うことになる。各地で小競り合いが起こり始める。
 Fall. モンスターは狂暴化し、資源を巡る争いはし烈なものとなる。各ギルドは街を守るために大きな壁を築くことになる。攻城戦の始まり。
 Winter. 世界の環境と情勢は逼迫したものとなり、文字通りの厳冬が訪れる。あるものは強大な力を手に入れ、あるものは滅び、弱者は強者に屈従し、またその強者に対抗するため小さな王国同士が連合を組んで戦うことになる。
 Victroy and Defeat. 地殻の変動、天災により世界は滅びる。ルールに基づき、勝者が選ばれる。それぞれのプレイヤーは自分の"エターナル・キングダム"へと帰っていき、次のキャンペーン参加までの英気を養う。
・"エターナル・キングダム"とは、各プレイヤーが所有し、自由にマネージメントできる自分だけの王国で、これはキャンペーンから独立して永続する。インスタンスゾーンであり、他のプレイヤーをシャットアウトすることもできれば、行き来自由にすることもできる。エターナル・キングダムにはキャンペーンでの勝利報酬をトロフィーとしてコレクションしておくことができる。またその報酬は、次のキャンペーン参加の際プレイヤーにアドバンテージをもたらしてくれる。
・キャンペーンの報酬は、relics, artifacts, materials and rare resourcesなど。それらは全てプレイヤー間でトレード可能。
・キャンペーンのルールについて。ルールは様々で、難易度が高いものは報酬が良く、低いものはその逆。キャンペーンの出入りが可能かどうかもルール次第で、ハードなものだとキャンペーン終了までキャラクターはそのキャンペーンにロックされるし、ソフトなものだと自分の意志で離脱する事が出来る。但し離脱した場合はペナルティが課せられる可能性がある。今のところはルールについてはディベートしている段階なので、今後の情報次第で変わっていく可能性は大きい。
・ルールの設定に関してはDev主導だが、プレイヤーのアイデアはどんどん取り込んでいく予定。魔法禁止ルールや、一度死んだら終わりのハードコアルールなど、面白そうなものはいくらでも採用していく。


 とりあえずここまで。キャンペーンとキングダムは他のMMOには見られないCrowfallの独自要素なので多少分かりづらいけど、もう一度簡単に書くと、
・キャンペーン=メインとなるゲーム世界。期間限定で生成されるワールドで、プレイヤーは各キャンペーンに参加して勝敗を競う。
・キングダム=自分の領地。キャンペーン内のものをキングダムと言い、キャンペーン外のものをエターナル・キングダムと言う。エターナル・キングダムは永続し、キャンペーンの勝利によって得られた報酬などでカスタマイズできる。また、エターナル・キングダムに持ち込まれた報酬によって、次にキャンペーンに参加する際何らかのアドバンテージを得られる。
と言った感じ。
 あとは物理演算は現実世界のそれと出来る限り近しいものにする、とかそんなところかな。キャンペーンとキングダムに関しては独自性が強く出ているなあというか、テーブルトークRPGへの回帰っぽい印象を受けた。俺のTRPG体験は高校の時に美術部の奴らがやってるのを横でスクワットしながら見てた程度なんで、間違ってるかもしれんけれども。キャラクターだけ永続するってのはいいね。ビルドゲーで一番愛着持てるのはビルドしたキャラクターだしね。

 そういや話は変わるけど、聞くところによるとMagicbaneがCNの大規模BANを敢行しているらしいね。この辺は個人運営の良さというか、SBプレイヤーの永年の悩みがあっさり解決されるのは最高に素敵な事だと思う。SB emuの方はどうなのかとフォーラムを覗いてみたところ、こちらはAsian General Discussionという日本人から見ると多少イラっとしないでもないタイトルの板が新しく設置されていて、中国語での書き込みが余りにも多すぎるからそっちに隔離したような感じだけれども、こちらはCNとの一応の共存を図ってしまっているようなので、最終的にはMagicbaneの方にCN以外のプレイヤーは集まることになりそう。何ならCN運営のCNサーバーなんかを5つぐらい作って、世界中からウェルカムってことにしちゃえばMBもSBemuも安定運営できるようになって一番良さそうな気がするが。ロシアとCNだけのサーバーとかも良いな。半年スパンぐらいで覇権を争う地域鯖とかが乱立したら面白そう。KRとCNしかいない日韓戦サーバーとかね。エミュなんだしそのぐらいめちゃくちゃやってるところを見てみたい。

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://katoukitou.blog77.fc2.com/tb.php/168-65bdd897


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード