Prev  «  [ 2018/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

膿

Author:膿
寂しい思い出を綴るブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

GW2 HoT拡張購入 あとCrowfallとか

GW2HoTpp01.jpg
 全くやってないのに買ってしまった……。これを機会に再び手を出してみることにしようか。
 拡張ではネクロがエリートスペシャライズというやつでリーパーという名前の純近接クラスになるという話なんだけど、確か俺がGW2について書いた一番最初のエントリで、ネクロは高ヘルス布服近接クラスらしいからこれにしましたと書いたはず。実際は近接でも何でもなくて高ヘルスな鈍足トリッキークラスだったんだけども、ここにきて俺の当初の勘違いな選択理由に向こうが合わせてきたという偶然という名の奇跡。それで買ったのかって? それで買いました。

 Shadowbaneについては、俺のおすすめビルド集第4弾、ウォリアand馬場の執筆を開始。しかしMBの実プレイは、10月から再び忙しくなって週1pop程度になるので、残念ながらそのままフェードアウトとなりそうです。もともと次Wipe来たら満足して終わろうと思ってたから、それが少し早まる感じかな。戦争仕掛けられた時は出れれば凄腕SMer(自称)で出るので、その心配は無きよう。GW2も、やるにしてもギルドに入らずに野良になるかな。今のゲームは野良でも遊びやすいから、昔ゲーに比べてそこだけは助かるね。そう言えばで思い出したのがKickstarterで騒いでから完全放置のCrowfall、あれはShadowbane同様プレイヤー自身が相当アクティブにゲームに関わっていかないと満喫できないタイプだろうから、野良ではまず無理な気がするんだけど、いけるかな……。


 そのCrowfallだけど、今どんぐらいまで開発進んでるのかとYoutubeで動画を漁ってみたら、丁度Alpha-Testの戦闘風景がUPされていたので載せさせて頂くことにします。見てみたところ、カートゥーン調ではあるものの、殺風景で冷たい雰囲気はShadowbaneっぽい印象を受けないでもないね。まあまだAlphaということで色塗りしてないオブジェクトを置いただけの全くの作りかけだから、完成に近づいてから改めて見ないとどんな感じになるかは分からんけどね。戦闘は、その操作自体はDevが"伝統的な"と言っていた通りのWASD操作のスタンダードなMMO系だけれども、ノンタゲかつコンボシステム有りということでtab+clickに慣れてた人には取っつきづらいものになりそう。
 もう少し調べていたら、Devの説明動画付きでシージ関連のページが出てきた。MMOのPvPが他のゲームジャンルのPvPに勝る点はシージ・大規模戦体験であるということに異論がある人は少ないと思うけれども、特にこのゲームはShadowbaneの精神的後継作であるということで、その辺りが一番気になるところ。実際どんな具合なのかと言うと、残念ながら俺は英語のリスニング力は非常にしょぼいのでページ内の動画では何言ってるのかは曖昧にしか分からなかったんだけれど、テキストの方を読むと、1つのキャンペーン内でフェーズが後半に移るとシージ戦が起きるという流れになるよう。Crowfallは参加するキャンペーンごとにルールが異なるので、あくまでもこのページで紹介されているルールにおいて、と断り書きされているけれども、いちキャンペーン内においてフェーズが4段階で進行し、後半になると拠点を巡る争いになるという辺りはこのゲームのコアな部分だろうから、ここはどのシナリオにおいても変わらないものと思われる。キャンペーンにおいて用意されたシナリオに沿ってシージ戦が起きるというこの流れは、時系列等も含めて何が起こるもプレイヤーの行動と選択次第というShadowbaneの経験者には不足な点に映るかもしれないね。Shadowbaneのシージ戦の良さは、その結果に影響されるのが点数やパーソナルな報酬ではなく、自らが手をかけて作り、育てた街そのものの命運であり、それは畢竟戦いの結果によって得る・或いは失うものが「実際にあるもの」であるということに尽き、その街を巡るギルド間の思惑や利用している人々の愛着・愛憎などが絡み合うことで、それによって深い(人によっては二度は御免な)ゲーム体験を生み出していたと思うけれども、Crowfallにおいてはシージ対象になる城等の施設は、周辺の資源を確保する等、戦略的に地場固めをしていくための拠点ということで、Shadowbaneのような愛憎の対象となる「場」では無くて、ゲーム進行プロセスの一要素に過ぎないもののようだからね。まあシージ周りのシステムだけを取り上げて、このゲームへの期待値を不当に低くするのは愚かなことだから、とりあえずちょくちょく調べながらベータテスト開始を待つことにしよう。やっぱギルド入らないとダメかなこのゲームは。

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://katoukitou.blog77.fc2.com/tb.php/186-57694395


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード