Prev  «  [ 2017/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

膿

Author:膿
寂しい思い出を綴るブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

久々に無責任なゲーム紹介

最近知り合いから面白そうなゲームを探してるようなメールをもらったので、新しめので何となく気になってたのを調べなおして紹介してみることにします。


Battlerite

https://www.battlerite.com/

遠い昔にこのブログで光速に限りなく近い一瞬だけ触れたことがある、Bloodline Championsというチーム対戦アクションゲームの後継作。


動画を見ての通り視点は見下ろし三人称で、一見するとよくあるMOBA系のように思えるけれどもさにあらず、このゲームはストラテジー要素の一切無い純粋なアクションゲームとなっている。公式サイトによると、コンセプトはteam arena brawler(おい、ちょっと殴り合いしにいこか)ということらしい。eスポーツ指向で、競技制に重点を置いてるのも特徴。

対人マッチングはソロ、2vs2と3vs3。前作のBloodline Championsではこれらに加えて5vs5が存在したのに対して、大胆にシェイプアップされている。更にゲームモードは前作で旗取り、陣取り、デスマッチのモードがあったのに対し本作では数分で決着が付くチームでのデスマッチのみとこちらも思い切った簡素化が図られている。この少人数制特化とゲームモードの一本化により、プレイ参入と継続の敷居を下げる効果、および一般的なMOBAとの差別化を図っているものと思われる。

このぐらいの少人数対戦だと1人1人のプレイスキルの比重が高くなってしまうだろうけど、競技性重視層をメインターゲットにしているのであればその辺りはかえって好まれる原因ともなるだろうし、キャラ間のバランス取りなんかも適切に保たれやすいだろうね。あと前作Bloodline Championsを少しプレイしてた感じでは、5vs5はこのゲームのシステムだとごちゃごちゃしてタゲがしづれーってのがあったのと、過疎ゲーだったためマッチング遅くてつまらん→ゲーム自体やらなくなるって問題もあったから、プレイヤーがゲームプレイ以外でフラストレーションを感じる機会をなるべく減らしてゲームそのものから離れるのを防ぐという意味においても、3v3上限にしたのは手堅い決断だと思う。


ちなみに観戦のみVRヘッドマウント対応。


スキルは一キャラにつき7個。少人数対戦なのでキャラに明確な役割は設けず、どのキャラも攻撃、移動、防御or回復スキルを一通り揃えている。MeleeかRangedかってのが一番わかりやすい違いかな。あとはタンク型とかスピード型かとかステルスできる、などで個性付けされている。


IGNによる試合動画。試合はラウンド制で、ラウンドとラウンドの間にBattleriteと称するキャラクターのスキルに対するアップグレードを受けることができる。アップグレードは選択式で、試合展開に応じてどのスキルを強化するかを決めていく。
見ての通り1ゲームが非常に短い。ゲーム感覚としては、知名度が高いところではスマッシュブラザーズやWoWのアリーナが近いとのこと。
個人的に素晴らしいと思ったのは、日本含む世界各地にサーバーを用意していること。pingの問題はアクション対戦ゲームでは致命的ともなりうるので、サーバーの分散による人口の分散よりもユーザーのプレイの快適さを優先させているのは好感が持てる。

現在アーリーアクセス状態のこのゲーム、年内はアーリーアクセス継続で来年Q1にFree to Play形式でのリリースを予定しているそう。アーリーアクセスに参加するには約2000円でゲームを購入する必要があるものの、現在実装されているキャラクターに加えて今後追加されるキャラクターもすべてが使用可能となるそうなので、お得度は高いとのこと。どうかね?


Paladins: Champions of the Realm

https://www.paladins.com/

TPS-MOBA系対人ゲーSMITEのヒットで知られるHi-Rez studioの新作。MOBAルールで展開するFPSで、カートゥゥーン調のグラフィックから一見するとブリザードのOverwatchの二番煎じのような印象を受けるけれども、開発着手はこちらの方が先であるとのこと。

Hi-Rez studioと言えばこれまたこのブログにて初恋の煌めきよりも儚い一瞬だけ取り上げたGlobal AgendaというTPSチーム対戦ゲーが懐かしく思い出される。Global AgendaはジェットパックでフライハイしながらシュートできるTPSという、当時あまり類がなかったタイプのPvP/coopゲーでゲーム自体は面白かったんだけど、4,5時間もあれば終わりto be cotinued...のまま永遠に思考を止めたキャンペーン、メンバーが回線切断したときぐらいしか楽しい瞬間が無い糞Coop、PvPにおいては重力の設定を完全に無視して飛び回りつつ視認不可能な範囲からヘッドショットをゴリゴリ決めてくるチーターを排除することができず、萎え引退が続出……等々が重なって泥の沼に吸い込まれるようにして死亡。
俺はこれでこのクソ会社潰れるよなクソがと思っていたのだけれど、その後Tribesという有名なFPSシリーズの第5作に当たるTribes Ascendというゲームをリリースし、それがヒットしたことで息を吹き返し、更にTPS+MOBAで陽性の個性豊かなキャラクターたちがバトルを繰り広げるSMITEが大当たりしたことにより小規模ながら一線級のスタジオとして認知されるに至っている。悔しい。

paladinshealer.jpg
で、このPaladinsというゲームだけれども、これは処女作であるGlobal Agendaの後継作という位置づけらしい。笑顔でダブルピース決める姿が思わず腹パンして白目むかせたくなるぐらい可愛い女ヒーラーの姿には、硬派なSci-fiの雰囲気を持っていたGlobal Agendaの面影は全く無く、これが後継作であるとは全く気づきもしなかったのだけれど、そういうことなら注目してみなくちゃねってことで取り上げてみた。

ゲームは現在絶賛オープンベータ中なのでとりあえずやってみて下さい。丸投げで悪いね。思い出が語りたかったの。


Atlas Reactor

https://www.atlasreactorgame.com/en/

MMOプレイヤーの間ではそれなりに知られていたタイトルであるRiftのデベロッパー、Trion World謹製のアリーナ対戦ゲーム。チーム対戦でありながらターンベースが採用されているというのが特徴。公式のPVによるとDotA meets Xcomということで、ターン制のMOBAと認識して貰えればOKなもよう。もう一生分MOBAって書いたような気がする。もうやだ。


またもやIGNの動画。
試合人数は4vs4の計8人で、両チームにターン毎20秒の猶予が与えられ、その間に各自が考え、決断し、行動を決める。それぞれのプレイヤーが決定した移動経路や攻撃の方向、範囲などは可視化され、味方チームのプレイヤーなら視認可能。これによって直覚的なチームプレイが可能となっている。ちなみにターンは交互ではなく敵味方同時。よって相手の動きを見て次の行動を決めるのではなく、チームメイトの動きを見つつ次の相手の動きを予想し、その場に即した自分の最適な行動を決めていくというプレイになる。コントロールの正確さよりも思考の正確さが求められる。
ステージ内にはカバーするためのオブジェクトが大量に設置されており、隠れて攻撃を防ぎつつ接敵したり、オブジェクト同士の間にできた通路上に罠を置いたりなどして利用していく。また各所にパワーアップアイテムが配置されており、それを巡っての攻防も発生することになる。
ちなみにキャラクターは基本的に攻撃→移動という順番で行動するらしい。これだと接敵したら基本的に殴り合いになるんだろうけど、順序が逆だといつまでたっても勝負がつかないだろうから、妥当なシステムだろう。さっきかららしいとだろうばっかりだけどお前やってないのかって? やってません。でもこのゲームは素直に面白そうだなと思う。

勝敗は単純で、先に5回キルを取ったチームが勝ち。また20回の制限ターン内に勝負がつかなかった場合は、キル数の多い方が勝ちとなる。引き分けは無く、キルが並んだ場合はサドンデス。

ゲームの正式リリースは10月5日とのこと。実は今日なんですよね。ちなみにこのエントリ書き始めたのは5日位前で、ファウンダーパック買えばリリース後にパック買うよりお得だよって下書きしてたのが無駄になってもうた。仕事が遅いと人生損するね。仕事じゃねえし別にいいか。

スポンサーサイト

C

omments

おひさー
katou3おひさー
REにBCきてたっぽいそしてクライアント持ってないので確認しようもないw
みんな元気にしてますかね〜?

SITH URL | 2016/10/17 19:57 [ 編集 ]


これは久しぶり!

今やってんのMepさんだけですかね。ワイプ無い状態で1年と3か月程度ですか、BCあったこと自体驚きですよ。
私の周りのSBerは5人ほど、無病息災を確認しております。寒さが深まるこの季節、SITHさんもご自愛下さい。

katou URL | 2016/10/18 21:04 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://katoukitou.blog77.fc2.com/tb.php/195-283b74d6


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード